ごあいさつ

みなさんこんにちは。私たちの活動に興味を持っていただき、このHPを開いてくださって心から感謝申し上げます。

特定非営利活動法人 市民ひろばなら小草(略称市民ひろば・小草)は、『ひとりひとりが生きやすい社会』を目指して、主に教育面での活動を広範囲で行うために2017年に結成しました。

でもなぜ小さな一NPOが、このような大きな目標を掲げることになったかという背景を簡単に説明します。

私たちの多くは、奈良市の小中学校で長年働く教員でした。学校現場で様々な子どもたちや様々な人たちと出会います。なかには学校という大きな集団では息苦しさを感じてしまう子どもたちもいました。

2000年代、小学校や中学校には外国から渡日してきた子どもたちが急速に増えてきました。彼らの中には、なぜ自分がここにいるのか、自分は何者なのかさえわからない中国残留日本人の家族が多くいました。言語的文化的にマイノリティーの立場では、日本の学校という一律的教育の場になじみにくく、また同様に子どもたちの親や家族たちも日本語を使わないでもいい単純な仕事をこなしてくたくたになっていました。

私たちは、彼らがこの社会での生きづらさを抱えていることに、一緒に取り組めないだろうかと考えて「ルーツを中国に持つ子と親の会 シャオツァオ(小草)」を立ち上げました。

今も毎週日曜日には集まって、日本語学習やお楽しみ、さらに母語でもある中国語の学習に取り組んでいます。

それから5年、同じメンバーで今度は「無料塾」を作りました。理由は簡単です。多くの小中学生が放課後に行っている「学習塾」は、結構なお金がかかる。それでもその学習塾に行くことで成績を上げて進路が決まっていく。でも経済的に困窮している家庭では、いくらみんなと一緒に行きたいと思っていても、家庭の経済力で学習塾に行けない子もいてるからです。それが成績に現れ、それで進路も決まっていく。まるで経済的な格差が学力の格差になり、さらに次の経済格差につながるという、「格差の連鎖」のように。

時はあたかも「子どもの貧困」問題が注目されていました。僕たちがかかわってきていた外国から渡日した子どもたちの親たちも同様に学習塾に行かせてやれないと嘆く姿がありました。

そこで私たちは、放課後の「無料学習塾」を作ることにしました。日本の「子どもの貧困」は7人に一人の割合だと言います。そこで今度は国籍に関係なく学習塾に行けない家庭で本人が同じように勉強したいなら、だれでも無料で入れる「無料学習軸」です。

でも私たちは、現役の学校の教員をしています。いくら無料塾だと言っても勉強を教えられる余裕はありません。学校は忙しく、先生が仕事を終えて帰宅できるのは優に8時を回っているからです。そこで多くの人の力を借りることにしました。

呼びかけたところ、学習をサポートしてくれるスタッフには大学生のスタッフがボランティアで参加してくれ、その学生さんを送迎するスタッフが現れ、さらに場所も公民館が借りられ、無料の学習塾「すみれ塾郡山教室」を開設しました。

こちらは今も毎週木曜日と金曜日に開催しています。

さらにすみれ塾はもう一つ奈良教室も生まれました。

私たちに舞い込む相談が徐々に増え、そのなかに「不登校傾向」の子どもさんたちが急速に増え始めたからです。

こうやって不登校の子が放課後に学ぶ「すみれ塾奈良教室」も開設することになりました。これまたたくさんの市民の協力がなければ成り立ちません。

そこでこれまでボランティア活動をする教員の有志の団体を、特定非営利活動法人にすることにしました。

事務所も借りて、多くの人に相談もし、「平和」や「人権」「教育」の分野での講演会やイベントも開催するようになりました。

やがてコロナ禍になり、不登校の子どもたちはみるみる増加しました。

私たちは2020年に「無料のフリースクール」も開校しました。それが「学びのフリースペース小草」です。

2021年からは、私も定年退職を迎え、昼間は無料フリースクール」、夜は「すみれ塾」、日曜日は「ルーツを中国に持つ子と親の会シャオツァオ」の活動に奔走しています。

でもこのような活動は、どこからも資金が得られません。無料塾も無料フリースクールも利用者は無料で利用できます。それでも活動をやめるわけにはいきません。持続可能は活動にしなければ意味がないからです。

理念は、「支えあい」です。社会全体で社会を生きやすい場に替えていきたいのです。

できるだけ多くの方に、少しずつ力を分けてもらって、運営していける社会でありたいのです。自分は直接活動に加わることはできないという方でも、毎月1000円ずつの継続的な寄付で、私たちの活動を支えてもらえたら、やがて子どもたちは成長して、また次の世代の育成に貢献してくれるはずです。

その思いを共通の願いとして、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

                         理事長  田村 隆幸