すみれ塾

自分も学習塾に行きたい。けどお母さんのことを考えると、言い出せない。

皆が学習塾に行くので、うちの子も行かせてやりたいとは思うものの、塾の費用を考えると我慢させるしかない。

こんな風に思うほど、多くの子たちが学習塾に通い、またその費用は結構かかります。

私たちは、そういう子たちも通える学習塾をつくりました。

願いは、いつか、今度は教える側となって帰ってきてほしいということです。

そのプラスの連鎖が「貧困と格差の連鎖」を断ち切るカギとなると信じています。